spacer facebook spacer 製品写真 XERO SHOES

ソールカラー

黒、茶、緑、青、赤

編紐カラー

黒、茶、紫、青、濃緑
黄緑、赤、ピンク、白
水色、オレンジ、黄色
ベージュ、グレー

キットには、ソール・編紐・穴あけパンチ・マジックピンが入っています。

4mm厚(1キット)

3,200円

6mm厚(1キット)

3,600円

別売り編紐(各色)

500円

※消費税別の価格です。

We support the Tarahumara

tarahumara

Tarahumara族を支援。

XERO SHOES から得られる利益の10%はTarahumara子供病院基金に寄付されます。

http://www.tchforegon.org/

edococo spacer Salon de Riant

 

アクセスカウンター

基本型の作り方

作り方の写真1. XERO SHOESキット(ソール、編み紐、穴あけパンチ、ピン)」とトンカチニッパーライターを用意します。

作り方の写真2. 鼻緒の穴を開ける
ソールに足をのせ「かかと」の位置をぴったり合わせます。

spacer

作り方の写真3. 親指と人差し指の間「付け根」の位置を決める。(足ギリギリでは無く少し緩め!)

作り方の写真4. 付属の穴あけパンチを使ってトンカチで打つ!

spacer

※穴あけは固い木の上などが開けやすいです。パンチには横にも刃がついていますので注意してください。

 

※ここでは、「XERO SHOES AMERICA」のマニュアルに沿った形での「紐を通してから結ぶ!」をご紹介しますが、先に結びめを作ってから通してもOK!です。

 

作り方の写真5. 編み紐を通す
紐の先端を火であぶり少し溶かして固めにして通す。または付属のピンを差し表側から紐を通す。

spacer

※紐の先端をとがらせ気味にすると、付属のピン無しで比較的楽に通ります。

 

作り方の写真6. 結びめを作る 結びは8の字結び。小さく作り、しっかり締める。

作り方の写真7. 結びめを少し引張り出して余った紐を切り、火であぶり少し溶かして、トンカチで叩くかニッパー&ペンチ等で小さく平らに整える。

spacer

※結びめは火であぶり少し溶かしてトンカチで叩くかニッパー&ペンチ等で小さく平らに整えると履きやすくなります。

 

足裏の結びめが気になる方は、紐の編み目をほどき火で形を整えて小さく作る方法もあります。お試しください。(但し、強さの点では8の字結び程強くはありません。)

火で形を整えて小さく作る方法

編み紐の端を切って編みを解く。次に芯をカットして更に解く。火であぶり、ペンチなどの平な部分に押し付ける。これで完成です。

 

 

基本型の結び方 1

作り方の写真1. 親指から外側に廻し、裏側から表側に抜く。

作り方の写真2. 外側を通したら内側に通します。長さは、自分の足に合わせながら作ります。自分自身の結ぶポイントを決めて、紐に余裕をもたせながら通します。

※紐芯だけが通ってしまう場合があります。紐を抜き戻してから、再度通してください。

 

spacer

作り方の写真spacer作り方の写真103. 総ての穴に紐を通したら、結ぶ位置を決めます。足の甲の一番安定するポイント(安定して履きやすいポイント)で結びます。より快適な履き心地を実感し、足への負担を軽くするためにも、仮結びで歩いたり、足踏みをしたりして、より快適なポイントを探してください。

spacer

 

ここまでが基本的な一周結びです。
これで「XERO SHOES」の基本型は完成です。左右の足の紐のキツさを調整しながら結んでください。

spacer

基本型の結び方 2

ここから2周目です。AD-FAN は2周廻し結びをおすすめしています。よりフィット感が増し、安定します。

 

spacer

結び終わった編み紐を1周目の編み紐に絡めてゆきます。

2周目は、編み紐を内側の紐にからめて編みながら抜いていきます。(一周目の編み紐の内から通して2本の間で抜く…)

2本の間を通して、ゆっくりと締めながらキツさを調整します。(少しゆるいかな?位がベスト!)

 

内側が終わったら踵に回して外側に!

spacer 外側も内側と同じ手順です。(内から通して2本の間で抜き…)キツさを調整しながら締める。 spacer

外側が終わったら…甲に戻します。

足の甲の一番安定するポイント(安定して履きやすいポイント)で…2回結びます。

 

より快適な履き心地を実感し、足への負担をより軽くするためにも、仮結びで歩いたり、足踏みをしたり、軽く歩いたりして、最良な結びポイントを探してください。

 

少し緩めかな?程度の結び方で…履きながら調整を繰り返してBESTに仕上げます。

 

履いて動いてみてキツければNGです。

踵をあげて編み紐が踵から落ちなければOKです。

 

履いて足を慣らすのでは無く、調整をして XERO SHOES を足に合わせて楽しんでください!

 

余った紐は、巻き込みで処理をして最後を結び、カットしてライターの火などで固めます。(この巻き込みは、紐の再利用するためです。)

 

巻き込みが必要でない場合は、結びめでカットして切り口を火であぶり処理をして固めてください。

spacer

(巻き込みは…単純に巻いて最後は結び、カットして火で処理します!)

これで完成です。XERO SHOES をお楽しみください!

spacer

※長く使用すると、鼻緒の裏紐がすり切れることがあります。使用する前に靴紐と同じ様に必ずチェックをしてください。もし不安なら結び直してください。安心が一番です。それでも、不運に出合ってしまっても巻き込みを解けばまた結んで走れます!

 

XERO SHOESは、鼻緒で履くのではなく靴感覚で足首で履きます。(鼻緒はソールの裏返り止め位に感じて履いてください。)

指先を入れてから足首まで履く。最後に踵を掛けて履いてください。

 

 

ソールのカスタムメード

より足へのフィット感を求めたい場合には…カスタムメードを!

 

●まず足型を起こしてください。鼻緒のポイントを忘れずに…。

 紙に足を乗せて鉛筆などで、足の形になぞってください。

 

カットラインをマーキング

●足型に合わせてハサミで切り取った紙をソールに乗せてください。

 

① 踵(かかと)と内側を合わせる

 

② 足の形に合わせて切るラインをマーキング。(後で洗い落とせるもので…)

 

③ カッターナイフ(またはハサミ)でカット。(お好みですが…5mm~7mm程度の余裕があればOK!)

カッターナイフは、最初に筋を刻むように切り始めてください。

ソールには、凹凸があります。何回かで切り取る様にすると…キレイに切れます。

 

④ サンドペーパー等で仕上げる。(サンダーでもOK!)

 

*足の形によりますが…内側に合わせて外側をカット。ソールの穴部分は残してください。

 

これでソールカスタム!完成です。

spacer