spacer facebook spacer 製品写真 XERO SHOES

ソールカラー

黒、茶、緑、青、赤

編紐カラー

黒、茶、紫、青、濃緑
黄緑、赤、ピンク、白
水色、オレンジ、黄色
ベージュ、グレー

キットには、ソール・編紐・穴あけパンチ・マジックピンが入っています。

4mm厚(1キット)

3,200円

6mm厚(1キット)

3,600円

別売り編紐(各色)

500円

※消費税別の価格です。

We support the Tarahumara

tarahumara

Tarahumara族を支援。

XERO SHOES から得られる利益の10%はTarahumara子供病院基金に寄付されます。

http://www.tchforegon.org/

edococo spacer Salon de Riant

 

アクセスカウンター

コロラド報告(6)

boulder_0601

12月14日(研修10日目)

研修も残り少なくなってきた。

 

朝。起きて脚に筋肉痛!

特に「ふくらはぎ」にきてます。(泣)
昨日の「RED ROCK」無理をしてたかなぁ~?

階段での走りで、普段使わない部分を使ったかなぁ~と痛感。(笑)

 

出勤の支度を急ぐ、デビー。
「いってきま~す…! また今夜ね~」と、新聞を持ちながら、家をでるカール。
ソファーでぬくぬく…。まった~り寛いでいる「猫のルーキー」。
パソコンで仕事をするジョン。
みんなと挨拶を交わしながら、Hot Teaを入れる。 
熱い湯気の向こうの窓。ふと見ると外でリスがチョコチョコ遊んでいる。

 

「わぁ~~ぉ! かわいい~‼」
“Happy Morning” なんだか、あたたかい気持ちになりました。

リスの写真 リスの写真 spacer Brainard Lakeの地図

昨夜、アウトドア大好きなカールがコロラドの地図を広げ…
JONと私のために[Brainard Lake]の場所とコースとオススメの歩き方などを楽しそうに教えてくれました。

 

その時の笑顔を思い出した…!
出発の前から「ニコニコ~わくわく」してます~。(笑)

 

【Brainard Lakeへ】

今日は、Trail Running 実習。 
いきなり”本場コロラド”での Trail 実習! 楽しみ…? でも不安も?

 

Jonの車で出発。ボールダーから車で40分ほど走り…さらに登っていく。

JONの車で…

JONの車で…

曲がりくねった道路を上る

曲がりくねった道路を上る

spacer

「Brainard Lake」
この湖の標高は3139m。
湖を囲む山々は約4000m級の標高となり、富士山よりも高い。

Brainard Lakeの地図
Brainard Lake

Brainard Lake

ムース

ムース(ヘラシカ)

Campスペース

滞在しながら楽しむCampスペースも
用意されている。

spacer

春~夏の「Brainard Lake」は、湖が鏡のように静かになり、周りの山々が水面に映し出されてそれはとても美しいそうです。
秋は紅葉。冬は湖も凍り、一面真っ白な雪景色…。こちらも幻想的な世界だそうです。
それに加え…ここは「Trail Running」でも大人気のポイント。 
”Trail Running マガジン”にも…その広大な景色の中を駆けぬける気持ち良さが紹介されていました。

 

ハイキングやマウンテンバイク。ノルディックスキー。ノルディックウォーク。など…季節を問わず、地元の人たちや観光客に大人気。ムース(ヘラジカ)に会えることでも人気。
特に「サマーシーズン」は、滞在しながらキャンプする場所も敷地内に設けてあり、多くの釣り人たちも訪れるそうです。

 

途中…スティーブンとジョンの、”出会い”のきっかけとなった”ボールダーのビール工場 & Bar”を通り過ぎた…。
「ここでスティーブンと…出会ったんだよ!」とJONは楽しそう!

ブラウンBeer

ちなみに、ボールダーのブラウンBeerは人気です。

ビール工場 & Bar

Beerの種類も豊富

spacer

車は、更に上へと登って行く…。くねくねとした急な山道。
慣れない私には、恐しい位のカーブが続いている。
でも、JONは音楽を聴きながら余裕の運転。

 

登るにつれ積雪が多くなってきた。
雪の上でRUNNING(不安)?忘れていた筋肉痛がまた痛くなってきた。(笑)

パーキング

パーキング

エントランス

エントランス

道路の両サイドは雪。スキーの人発見

道路の両サイドは雪。スキーの人発見

spacer

到着…。
『着いたぁ~!イェ~!』と、ドアを開け、勢いづいて外へ出ると”冷たーぃ”フレッシュエアーが身体の中に入ってきた。
「スーゥ~」っと深~い深呼吸をしたくなるほどの澄んだ空気。
外気は寒いのに、天気がめちゃくちゃ良い。日差しは”ぽかぽか”する。
自然の”エネルギー”を感じる!すごい!『気持ちいぃ~!!』

 

それにしても、雪の深いパーキングは、まるでゲレンデ。スキーの板を積んでいる人。キャンプ道具を積んでいる車。撮影隊。などなど…。思い思いのスタイルで楽しんでいる。
寒い冬の季節の割には、予想したより人が多い…。さすがに人気スポットです。

 

「さあ 行こう!」
”XERO SHOES"にはき替え…リュックに水と補助食。着替えのTシャツ。 
道路には雪…。歩くのに困難な場所もあるだろうか?と、雪靴も持つ。
エントランスの地図でコースも確認。
目的の「Brainard lake」を目指して雄大な景色の中を、走り出す…。

 

さあ 行こう!

さあ 行こう!

Lakeを目指す!

Lakeを目指す!

spacer 3139メートルの標高

ここは、3139メートルの標高
さすが空気も薄く感じる。(緊張)

 

少し息が苦しい…。
雪を踏みながらの走り…。それも、3000メートルを越える高地。日本ではできない…体感。
でもやっぱり、息が辛い…。

 

走りがだんだんスロ-になり…息が続かない…。
脚も重い。
大きく空気を吸いながらながら『Relax…! Relax…!』 
でも苦しさは変わらない…。
周りの景色を楽しむ余裕も無くなり…。ついにダウン。

 

そして…リタイア。(泣)
気持ちも悪くなり体調も最悪に…。

 

本場コロラドでの「初 Trail Running」は軽い高山病症状(?)でついていけず~!(泣)  
とてもとても残念な結果に終わってしまいました…。(涙)

 

翌日の15日は、午前中休!養。午後から近くのLAKE周りで軽いRunning。

身体の調子を見ながらのRUN…。体調はもどっている!(喜)

 

12月16日(研修12日目・最終日)

今日が研修の最終日。
二回目のTrail Running。今日は体調も万全。筋肉痛も無し!(笑)

 

昨夜、JONが「Akari 最終日はFreeだよ! どこへ行きたい? 何がしたい?」と聞いてくれたので 
「Brainard Lake!! に行きたい! 走りたい」と答えました。
「OK! Let’s Go!」と笑顔でJON。初日の無残な結果に同情してくれたのかも?
でも、笑顔がとても、うれしかった。

 

緊張と興奮で”Relax”を忘れていた前回…。 
何もかもが初…!。雪の中のRUN。3000メートルを超す高地。おまけに前日の無理がたたっての筋肉痛…。
景色をゆっくりと眺めることも「Relax!」する事さえも忘れていました。

 

研修最終日の今日。
再度「Brainard Lake」を目指しながら”Running”を楽しみたい! 見られなかったLakeも見てみたい!
でも心に一番強く思っていたのは、Trail Runningの気持ち良さ、その世界を体験したい! という気持ちでした。
そして「自然の中を走ることが、大好きになった自分」に改めて気づいていました。

 

パーキングに到着。
ランチを持って出発…。今日は体調も良い。天気も晴天。
周りの景色を眺め…! ゆっくり、走り出す。太陽がジワ~っと身体にあたたかい~!
呼吸をすると、冷たい空気が身体の中に入ってくるのがわかる。

ゆっくり、走り出す。
太陽がジワ~っと身体にあたたかい~!
spacer

時おり…木に積もった雪が「バサッ」と落ちる音に感動。遠くからは鳥のさえずりも聞こえる。
太陽で反射してキラキラしている真っ白な雪がまぶしい。

時には雪が膝まで。

時には雪が膝まで。

ブーツとXEROと交互に履き替えながら進む…。

ブーツとXEROと交互に履き替えながら進む…。

spacer

足裏から感じる感覚が敏感になり…自然との”一体感”を感じた。  
「Feel The Earth!!」
自然の中をXero Shoesで駆けぬける! 気持ちいい‼
笑顔になる自分がいる…。本当に気持ちいい! 最高‼

 

途中雪が積もっていて走るには困難な箇所もありましたが、それも自然!(笑い)

 

目的地『Brainard Lake』だ!
広大な山々に 大きなキラキラしている「Brainard Lake」
ムースもゆった~りしている!
「Yhaaaaai! わ~~~~あ、すごい!!」言葉がないくらい素敵でした。
「ここに来て本当に良かった!」心からそう思える瞬間でした。

Brainard Lake
Brainard Lake
spacer

そして、走る事の基本は『Relax! & Enjoy!』と、再認識をしました…。

 

コロラドの広大な山々に… 透き通るような空気に… 力強い大地に… 広大な自然に…
「楽しませてくれて、学ばせてもらえて、ありがとう‼」
と、心から叫んでいました。

 

Xero Shoes

苦しさよりも、楽しさが印象に残った13日間の研修。
心温かなXero Shoes 本社のみなさん!「ありがとうございました。」
「Feel The Earth…」を教えてくれた、スティーブン!「ありがとうございました。」

 

この研修で『走ることの楽しさ!』がまた一つ解ったような気がします…。
今回の経験を…『XERO runnnig』の楽しさを、今度は皆さんに…
一人でも多くの方にお伝えすることができたら幸せです。

だから今日も…「Feel The Earth…」。 

 

Akari

spacer