spacer facebook spacer 製品写真 XERO SHOES

ソールカラー

黒、茶、緑、青、赤

編紐カラー

黒、茶、紫、青、濃緑
黄緑、赤、ピンク、白
水色、オレンジ、黄色
ベージュ、グレー

キットには、ソール・編紐・穴あけパンチ・マジックピンが入っています。

4mm厚(1キット)

3,200円

6mm厚(1キット)

3,600円

別売り編紐(各色)

500円

※消費税別の価格です。

We support the Tarahumara

tarahumara

Tarahumara族を支援。

XERO SHOES から得られる利益の10%はTarahumara子供病院基金に寄付されます。

http://www.tchforegon.org/

edococo spacer Salon de Riant

 

アクセスカウンター

コロラド報告(4)

12月7日(研修4日目)

朝 起きて 外へ出ると 冷たい澄んだ空気。遠くにそびえたつコロラドの山々。
大きな太陽がジワ~っとあたたかい。気持ちいい!

ボールダーの朝

ボールダーの朝

フラットアイロンズ

コロラドのシンボル、フラットアイロンズ

spacer

コロラド州ボールダーは、LOHAS(ロハス)の発祥の地。
健康と環境に優しく、持続可能なライフスタイルを心掛け、実践する人々が多く住んでいる。
また、学ぶための学校もある。
専用道路も ランナー・自転車 専用に分けられ、遠出ならバスに自転車も付けられるシステムになっている。

標識
バスに自転車も付けられるシステム
spacer

Xero Shoes と出会うまでは Runningとは無縁な私。RUNNING雑誌などの特集を見て、見よう見まねで 走るうちに足首部分に痛みが…。
研修に備えての、出発前日のRUNでも、また同じ個所を痛めてしまった。その為、無理はせずに今日はウォーキング。

 

煉瓦の家やログハウス。かわいい”Xmas”のデコレーションの家々。
BILLが昨日言った『景色を見ながらリラックスして…無理はしないで…』の言葉を思い出しながら小さな公園までWalking。

煉瓦の家やログハウス
spacer

XERO SHOES OFFICE 到着
みんなの挨拶も元気。
スティーブンが自分の部屋へ案内してくれた。
まずは『座って!』と言いながら、ニコニコとホワイトボードの文字を消すスティーブン。
そして…『さあ!はじめよう!!』とスティーブン。

 

スティーブンは大学で心理学を学び、走ること以外にも太極拳からアーチェリーの講師も行ってきたという。アジアを長期旅した経験もある。

 

スティーブンさん

スティーブンさん

~ベアフットランニング講義~

●ベアフットにはどのような効果があるのか?
●ヒールストライクとフォアフット着地の違い。
●スティーブンのXERO SHOESへの思い
●スニーカー、LUNAサンダルとの違い&体感
●ベアフットランニングについて
●Runningマシーンで実践

spacer

彼の講義は、説得力のある講義。

裸足で生活している人たち、またそうしていた時代に生きていた人たち。
そして現代、足裏の形は様々で、ほとんどがハイヒールなどの窮屈な靴で変形した足。
クッションハイクオリティーのスニーカーによる足の退化など。具体的に図で説明。

スティーブンは、裸足で走ること、歩くことが大好き…。ある日トレイルを走っていて、ふと考えがうかんだらしい!「まるで裸足のような」そんな「Shoes」はないか?と…。

家に帰ってレナにその思いを語り、研究を開始したとの事。

 

スティーブンの推薦するランニング法の説明

ランニングマシーン

●ヒールストライクとフォアフットの説明

着地する部分が「ヒール(踵)」「足裏全体または前足部分」かで、膝やカラダの使い方の違いや、身体に影響する違いについても教えてくれた。(シューズを持ちながら説明するスティーブンはまるで少年みたいでした。)

●他社のベアフット感覚シューズやサンダルも体感。

履き比べて、Xero Shoes の「裸足の感覚」を更に強く体感。

 

午後、Xero Shoes Bare foot running法の説明を受け、実践。

 

RUNNINGマシーンでまずスティーブンが説明しながら…走る。
歩いたり、走ったり。繰り返しながら説明してくれる…。
私は「彼の走りに完全にくぎづけ」でした。

 

ランニングマシーン

ランニングマシーンを止め、「質問あるかな?」とスティーブン。
『実は、数日前から走ると“足首や足のアーチが”痛むんです。」と…私。(泣)
『OK!ちょっと走れる?』
走ってみるなり、スティーブンからフォームの指摘。マシーンを止めて説明してくれた。
『脚を引き上げるんだよ!地面は“ガラス”だと思って、やさしくタッチするように意識してみてごらん。どんと脚を下へおろすのでなくタイヤのように廻る!サークルする意識で…。膝はリラックスして少し曲げて』とアドバイス。
頭では、理解するものの…難しい!
『腕をもう少し高めの位置で!顏をあげて、リラックスだよ~』
最初は力が入っていた身体もだんだんリラックスするにつれ、楽になってきた…。
足の負担が軽やかになったのも体感。
足が廻るようになり、軽く感じられるようになった…。

ランニングマシーン

『OK!今日はこれくらいにしよう!どうだい?』
『すごくいい、気持ちいい!もう少し自分で習得できるまで練習をしていきます!』
足の痛みは、嘘のように消えていました。
『とにかく無理をしてはいけないよ!リラックスして楽しむことが一番だよ!』

 

つきっきりでのXero Shoes Bare foot running指導。本当にNICEな授業でした。
『今日は、良かったよ!ありがとう!また明日ね~』

 

みんなに挨拶して外へでるともうすぐ夕暮れ…。
コロラドのオレンジ色の空があまりにもきれいで、思わず深く深呼吸した。

 

今日は『なるほど~!』と納得の連続。裸足は、身体やメンタルの部分でも、とてもプラスであることをより深く理解できました。『ここに来て、本当に良かったなぁ~!』と心から感じていました。

spacer

コロラド報告(5)に続く…

spacer