spacer facebook spacer 製品写真 XERO SHOES

ソールカラー

黒、茶、緑、青、赤

編紐カラー

黒、茶、紫、青、濃緑
黄緑、赤、ピンク、白
水色、オレンジ、黄色
ベージュ、グレー

キットには、ソール・編紐・穴あけパンチ・マジックピンが入っています。

4mm厚(1キット)

3,200円

6mm厚(1キット)

3,600円

別売り編紐(各色)

500円

※消費税別の価格です。

We support the Tarahumara

tarahumara

Tarahumara族を支援。

XERO SHOES から得られる利益の10%はTarahumara子供病院基金に寄付されます。

http://www.tchforegon.org/

edococo spacer Salon de Riant

 

アクセスカウンター

コロラド報告(3)

12月6日(研修3日目)

朝、軽くRUNしたあとにXEROのOFFICEに向かう途中のCAFEにてサンドウィッチで朝食。
OFFICEへ到着。OFFICEはとてもオープンなつくりで、窓ガラスが大きく太陽の日差しが入る気持ち良いOFFICE。

 

正面の窓越しに、ランニングマシーンに乗りながらニコニコ手をふっているスティーブンが見えた。なんだかワクワクする気分でオフィスのドアを開けた。

 

スティーブンのOFFICEは少し変わっている。彼は、いつでも歩きながら“パソコン作業”が出来るように、ランニングマシーンにPCをとりつけている。常に歩きながらPC操作をし、インカムフォーンで話している。「身体がなまけないように!楽しく仕事がしたいからさ!…だからつけちゃったよ~。(笑)」とスティーブン。Nice Idea(笑)

 

そんな彼の《パートナー》でもあり《奥様》のレナが今日の研修内容を伝えに来た。
「今日はビルが伝えたいことと聞きたいことがあるそうよ」と、ビルの部屋に案内してくれた。

レナさん&スティーブンさん

レナさん & スティーブンさん

ビルさん

ビルさん(お客さま担当アドバイザー、発送管理)

spacer

ビルは、『Bare Foot Running』の世界での実体験を、目をキラキラさせながら、ゆっくりと話してくれた。

 

60代のビルは、もともと自然の中で走ることが大好き。彼がトレイルを走っていると、裸足で走り抜けていく人を見かけるようになり、『裸足で走れたら、より気持いいだろうなぁ』と思い、自分も靴をぬぎ近所の湖のまわりを裸足で走ってみた…。ところが『痛い、痛い!! ん~~。』裸足は痛くて走れないと思ったらしい。

 

「ある日、トレイルでまわりの景色を楽しみながらリラックスして走ってみると足裏の痛みは気にならなくなってたんだよ」と、『Bare Foot Running』の走るコツを教えてくれた。

 

「今では XERO SHOESを履いて走ったり、裸足で走ったり…交互に楽しんででいるんだよ!」との事。Officeへの出勤も、毎朝 バス停まで走って通勤。XERO SHOES のメンバーの中で、一番長い距離を走ることを楽しんでいる彼はナチュラリストです。

ボールダーの景色 裸足で走ったり… spacer

本社の中で、お客さんへの対応や「XERO SHOESをより楽しんでもらえるように!」と考えるビルのアドバイスは欠かせません。心からリラックスして『Bare Foot Running』を楽しめるようなサポートをと心がけているそうです。

 

YOGAも彼のライフスタイルの一部。メキシコに親戚が居るそうで、そこを訪ねたら【タラウマラ族】に逢えたらいいなと、ニコニコ。ゆったりと笑顔で話してくれる彼の世界に引き込まれた、硬い足裏のビルとの貴重な世界でした。

 

私の中の『Bare Foot Running』と XERO SHOES に対しての感じがとても良く変化して、ますます『Bare Foot Running』の世界と XERO SHOES を、知ること! 履くこと! の楽しみが倍増した講義でした。

 

さらにビルは、網紐の縛り方や足の形、ランニングフォームによる癖、足の様々な故障についても説明してくれたり、日本でこれまで受けた質問や感想、疑問についても、一つ一つに丁寧でニコニコと笑顔で応答してくれた。とても参考になりました。

spacer

コロラド報告(4)に続く…

spacer